• AGAについて
  • 推薦病院
  • AGA病院の各種ランキング
  • 全国のAGAの病院を探す
  • クチコミを見る
AGAの治療や病院の比較・ランキングサイト
AGAの治療や病院の比較・ランキングサイト > 薄毛談話 > 薄毛治療の薬は医療費控除になるか

薄毛治療の薬は医療費控除になるか


薄毛治療費の医療費控除について

薄毛治療を行う場合は大きく分けて、「1、AGAの病院で受ける治療」「2、育毛剤を使ったケア」になると思います。(これ以外のカツラ、サロンでのケアについては、医療費控除になりませんのでご注意ください。)

1、AGAを病院で治療した場合

AGAの病院で治療を受ける時は、飲み薬、塗り薬に使われている、フィナステリド、ミノキシジルといった成分が「健康保険の対象外」になっているので、医療費控除にすることは難しいとされています。しかし、「HARG治療」などの「治療」とみなされるAGAの病院での費用は「医療費控除」に認められるとの事です。

2、育毛剤を使ったケアの場合

育毛剤の使用が病気を治すためであれば、それは「治療行為」になりますので、「医療費控除」は認められます。そのためには、医者による診察結果が必要となります。逆に言えば、医者の処方なしには「治療行為」とは認められないので注意してください。

(番外編)美容なのか?治療なのか?で変わる

整形などの美容は「医療費控除」には該当しないので、AGAの治療が「美容」という枠に入る場合は「医療費控除」が適用されません。逆に「病気」という判断の元治療を行うとすると、それは「医療費控除」を適用する事ができる。という事になります。

■■まとめ■■

AGAの治療を行う時に「医療費控除」が適用できる項目は、「治療」とみなされた費用だけになるので、薬の服用や塗り薬を塗る行為だけでは難しくなります。適用できる費用は「HARG治療」などの治療と分かりすく定義されている項目か、もしくは、円形脱毛症や精神的病から薄毛になってしまいそれを治療したという項目の場合は「医療費控除」が適用されます。

見解をまとめると、基本的には「医療費控除」は受けられないが、何かしらの形で「医療費控除」を受ける事ができる可能性が薄く残されている。という状況です。

逆にNGの場合は「美容行為である。」「明確な治療でないAGAの費用。」「フィナステリド・ミノキシジルは保険対象外」という部分ははっきりしているので、この部分を捉えつつ、実際に治療を受ける際に医者に相談する。というのがインターネット上でわかる答えになります。

 

知っておこう!医療費控除の基礎知識(AGA以外の一般知識)

医療費控除になる項目

  1. 1,医師・歯科医師による診療、治療費
  2. 2,治療、療養に必要な薬(薬局で購入したものもOK)
  3. 3,急病やケガなどで病院に運ばれた際の費用(タクシー代など)
  4. 4,あんま・マッサージ、指圧師、鍼師、灸師、柔道整復師による施術費
  5. 5,助産婦などによる出産介助に対する料金
  6. 6,通院入院の際の交通費
  7. 7,付添人の交通費
  8. 8,入院の部屋代など
  9. 9,コルセットなどの医療用器具(義手・義足・松葉杖・補聴器・義歯などの購入費)
  10. 10,6カ月以上寝たきりでおむつの使用が必要な場合のその購入費用など。
  11. 11,介護保険などによる居宅サービス(在宅療養では領収書に医師等の証明があったもの)。

引用元:AGA・ED治療薬も医療費控除 確定申告で医療費を取り戻す

 

医療費控除の条件

病気や怪我や出産などは前年度の1月1日から12月31日までの1年間の医療費が、10万円を超えたところで医療費控除を受けることができます。それも、家族全員のものをプラスして10万円を超えると受けることができます。
さて、薄毛治療への薬は医療費控除になるかと迷っている人も多いと思います。病院で治療費として払ったものはあまり迷わずに控除対象にできると考えますが、他の細かいものはなかなか迷います。

 

他にはどんな条件が医療費控除になるのか?

また、薬だけを病院から購入しているものも控除対象になるか迷いそうです。例えば捻挫をしてしまって薬屋さんで湿布を購入したとしましょう。それでも医療費控除になるのです。ただし明細や領収書はしっかりまとめておくようにしましょう。また、病院に行ったときの交通費ですが、これも日付と交通手段をしっかり明記して金額の明細書を自分でつくれば認められます。タクシー代だって領収書があったらそれも控除になるのです。医師を自宅に呼ぶときももちろんその交通費は控除対象になります。

 

医療費控除にならない条件

しかし、インフルエンザの予防注射、風邪をひいたときのマスク代、加湿器などは控除には入りません。予防に対しては駄目のようです。メガネ、コンタクト、健康診断料金も控除外となるのです。

治療なら認められ、予防なら無理だということのようです。

ということで薄毛は予防より治療となるので認められるのです。このように薄毛治療の場合も医師に診断を得ている上に、薬として毎月購入するわけですから確実に医療費控除が受けられるということです。少しでも薄毛治療で医療費控除の申告ができるものはなるべくするようにしましょう。薄毛治療の薬は約1カ月1万5000円ぐらいになるので、この金額であれば1年間に換算すれば、確実に10万を超してしまいますので、他の病気治療がなくても申告できる範囲となるはずです。

 


AGAの振り返り知識

・AGAの病院のクチコミを参考にする。

最終的に病院を決められないと思ったときは、ランダムにAGAの病院のクチコミを読んでください。 実際に治療を受けた人の感想や、かかった費用などが分かりますし、もしかしたらご自身と同じ様な境遇の方もいるかもしれません。
出来るだけ詳しく、なぜ、そう思ったのかについても触れてもらえる様に、体験談を書いてもらいましたので、是非、参考にしてください。

・AGAの病院の評判を参考にする。

病院の評判をWeb上をくまなくリサーチしてまとめています。クチコミ情報と合わせて参考にしていただければと思います。 どの病院に通うのかそこまで悩んでいない方は、こちらの「評判」を参考にするだけでも良いかもしれません。

・様々な視点からAGAの病院を比較する。

体験談や評判を読んだけど、やっぱり決められないという方は、様々な視点からAGAの病院を比較しましたので、そちらをご覧ください。 主には、「発毛実績」「病院の安全性」「治療費」の3つの視点になります。その他、地域性の比較も随時、追加していきますので、参考にしてください。

・無料カウンセリングを活用する。

比較検討の末、AGAの病院を決めた際には、「無料カウンセリング」を活用してください。
AGAの治療にはある程度の費用がかかってきますので、気持ちよく安心して治療に望む為にも、
最後は、ご自身の目と耳でAGAの病院を比較していただきたいのです。
当サイトに掲載している病院であれば、まず、問題はないと思いますので、その点はご安心いただきたいと思っています。

・当サイトが推薦している病院を参考にする。

日本全国の色々な病院をリサーチしてきました。どこも同じだろう。と思いながらも、時たま、驚く様な価格を発見したり、
昔のクチコミを見ると、大変だったのだろう。と思う感想を見かける事もあります。
ここまでの経験をふまえて、この病院であればまず問題はないだろうし、しっかりとした対応をしてくれる。
という病院を、当サイトの推薦病院として掲載さえていただいています。
こちらの、病院も参考にしていただければと思います。

GOOD-AGA特集企画

おすすめ厳選AGAの病院10院を徹底比較!

口コミから選ぶ

年代別の口コミを見る

評判から選ぶ

人気記事TOP10

最近の記事